法事 > 手続き

手続きをすれば葬祭料・埋葬料がもらえる!


民健康保険被保険者の場合

→葬祭費 約1~7万円支給されます。※額は自治体によって異なります。

●申請先 ・・・被保険者の住所がある市区役所・町村役場

●申込人 ・・・喪主(葬儀を行った人)

●申請書 ・・・「国民健康保険葬祭費支給」申込書(申込先にあります) 

●必要なもの ・・・①国民健康保険、②死亡診断書、③葬儀費用の領収書、領収書がない場合は、葬儀社の電話番号、案内状、挨拶状など喪主が確認出来る書類、④印鑑(喪主)、⑤口座振替依頼書(喪主名義)、⑥受取人名義の預金通帳

 

 

健康保険被保険者(本人)の場合

→埋葬料(埋葬費) 一律5万円支給されます。※組合によって埋葬附加金として埋葬料とは別に数万円別途支給されることもあります。

●請求先 ・・・被保険者の兼勤先を管轄する社会保険事務所または、勤務先の健康組合※勤務先で手続きをしてくれることもあります

●請求人 ・・・喪主(葬儀を行った人)または、遺族

●請求書 ・・・「健康保険埋葬料」請求書(請求先にあります) 

●必要なもの ・・・①健康保険証、②死亡診断書、③葬儀費用の領収書、領収書がない場合は、葬儀社の電話番号、案内状、挨拶状など喪主が確認出来る書類、④印鑑(喪主または遺族)

 ●請求期限 ・・・死亡してから2年。

 

健康保険被保険者(本人)に身寄りがいないの場合

実際に葬儀を行った人に「埋葬費」として支給されます。

 

 

健康保険被扶養者(家族)の場合

→家族埋葬料 一律5万円支給されます。

●請求先 ・・・被保険者の兼勤先を管轄する社会保険事務所または、勤務先の健康組合※勤務先で手続きをしてくれることもあります

●請求人 ・・・被保険者

●請求書 ・・・「健康保険埋葬料」請求書(請求先にあります) 

●必要なもの ・・・①健康保険証、②死亡診断書、③葬儀費用の領収書、領収書がない場合は、葬儀社の電話番号、案内状、挨拶状など喪主が確認出来る書類、④印鑑(被保険者)※被扶養者以外の人が請求する場合は住民票が必要

 

 ●請求期限 ・・・死亡してから2年。


法事 > 手続き