トップページ > 中元・残中見舞・残暑見舞


中元・暑中見舞・残暑見舞

いつ贈る?

山梨県は8月15日くらいまでを「御中元」・「暑中見舞」として、お盆以降は「残暑御見舞」と贈るのが一般的ですが、地域によって違いがあります。

何を贈る?

一般的なのは、食料品や日用品などの後に残らない消耗品。先方の好みや家族構成をリサーチしてお選びください。涼しげな季節感のある品もよいでしょう。

気をつけることは?

・当家や先方が喪中であっても差し障りありません。しかし四十九日を過ぎてない場合や、先方が気落ちしている場合は、時期をずらして、残中見舞や残暑見舞で贈る方がよいでしょう。

・お返しは必要ありませんが、身内でも、もらったらお返しを贈る方が丁寧です。

歳暮・年賀・寒中見舞

いつ贈る?

12月はじめから25日ぐらいまでに贈ります。年内に届けられない場合は「御年賀」として元日から松の日(1月7日)までに、また年賀で贈れない場合は、「寒中御見舞」として立春までに贈ります。

何を贈る?

一般的なのは、食料品や日用品などの後に残らない消耗品。先方の好みや家族構成をリサーチしてお選びください。涼しげな季節感のある品もよいでしょう。

気をつけることは?

・当家や先方が喪中であっても差し障りありません。しかし四十九日を過ぎてない場合や、先方が気落ちしている場合は、時期をずらして、残中見舞や残暑見舞で贈る方がよいでしょう。

・中元と歳暮どちらか一方にする場合は、一年の締めくくりとして歳暮を贈るを贈るのが一般的です。

・お返しは必要ありませんが、身内でも、もらったらお返しを贈る方が丁寧です。


トップページ > 中元・残中見舞・残暑見舞