仏式の場合

香典のお返し

通夜・告別式(葬儀)の際に香典をいただいた場合、表書きを「志」、名前は喪主の名義(名字)が書かれた掛紙(のし紙)を掛けた御礼品(返礼品)をお渡します。

香典辞退とは?

その家のあと取りがいない、喪主が県外に引越している、有名な方が亡くなって来られる方が3,000人、4,000人以上で把握できないなど『お付き合いが大変なのでお付き合いをやめさせていただきます』ということです。

香典辞退の由来

香典辞退の由来は、後返しの地域の葬儀社が自社に利益がないので、「返すのが大変なんで香典辞退もできますよ」ということで広まってきたのがきっかけです。

そもそも香典って?

香典とは、線香・抹香(まっこう)や花の代わりに故人に供えるかわりに、現金を不祝儀袋に包んだものです。

※香典辞退ということは故人に供えてくださいというものを今後あなたとお付き合いが大変なので、お断りしますという意味です。

スタッフから一言

香典には、故人に対してお付き合いがあった人からの故人に対しての気持ちの品(香典)もありますので、故人の代わりにお礼の言葉と気持ちの品をお渡することをおすすめします。


香典返し、法要の引出物

●かけ紙

・表書き … 志

・名前  … 名字 +家

・水引  … 黒白の結び切り


高額の香典返しは、いつ贈る?

宗教・地域によって異なります。

・仏教の場合、49日(七七日忌)前後でも、49日法要の当日でも問題ありません。

アドバイス

『挨拶状』または『御香志礼状』を添えると丁寧です。


法要会席の引出物

・法要の引出物は4,000~5,000円くらいの品物を用意します。品数は、大引・小引の2種類(地域によって3、4種類用意するところもあります)を用意するところが一般的に多いです。結婚式同様1人(社会人)に対して1つ用意します。

 

小引・手土産 おすすめ商品一覧