仏式

法要の引出物

香典返し、法要の引出物

●かけ紙

・表書き … 志

・名前  … 名字 +家

・水引  … 黒白の結び切り


※仏事で香典をいただいた場合は、表書きが「志」、お返しする方の名字を記入します。

スタッフから一言

香典とは 線香・抹香(まっこう)や花の代わりに故人に供えるかわりに、現金を不祝儀袋に包んだものです。

本来、喪主(施主)が辞退するのは、相手に対して失礼になります。辞退する場合は、生前中に頼まれた または、お付き合いができない(県外などに引越してなど)旨をお伝えすることをおすすめします。


法要名称

死後の日数 内容

初七日

(しょなのか)

7日目 ※1 

二七日

(ふたなのか)

14日目

※2

三七日

(みなのか)

21日目

四七日

(よなのか)

28日目

五七日

(いつなのか)

35日目

六七日

(むなのか)

42日目

七七日

(なななのか)

七七日忌法要

(忌明け法要)

49日目 ※ 3
百か日 100日目

※2

一周忌

(いっしゅうき)

1年目の

祥月命日

※4 

三回忌

2年目の

 ※5

七回忌

6年目の

十三回忌

12年目の

十七回忌

16年目の

二十三回忌

22年目の

三十三回忌

32年目の

三十七回忌

36年目の

※2

五十回忌

49年目の

百回忌

99年目の

※2.省略することが多いです

法要会席時の引出物

親族の場合、一般的に1人1万円香典を包んできますので、5,000円前後のお食事4,000円前後の引出物1,000円前後の手土産を用意するのがマナーです。

※地域によっては、3・4種類引出物を用意するところもあります。

用意する数量は、来られる方の人数(未成年は除き)+お寺さんの人数+仏様の人数が目安です。

※宗教、地域によって異なります。


小引・手土産 おすすめ商品一覧

※地域によっては、入れないところもあります。


※家族葬は、故人の意向でない限り、また、喪主が県外に出ていて故人の周りの方とお付き合いが出来ない場合など以外の方には、おすすめ出来ません。

・家族葬の方が費用が高くついたという方が多い。

・香典をもらえる人を減らすので、急場の金銭的負担が大きい。

・葬儀後、自宅で弔問に追われるので、出かける予定がつかない。

・親族に旨を伝えないと、トラブルになる。

・次世代の付き合いを切ることにつながる。