山梨県 仏式の葬儀・法要の流れ

葬式の流れ

山梨県の場合、

夕方に通夜を行い、翌日朝、火葬場に行き「火葬」してから「告別式(葬儀)」をします。

最近では、告別式の後にそのまま初七日を行うことが多いです。


法要の流れ

名称

 

 

呼び方:しょなのか

本来は、ご逝去から7日目に初七日法要し、会食をします(※法要と会席を含めたことを法事と呼びます)。最近では、一度集まった親族に再度集まっていただくのは大変なので、告別式後に家族、親族、故人と特に親しいかった友人・知人(地域によっては組の方または、隣近所も)と法事を行います。

呼び方:ふたなのか

ご逝去から14日目までに二七日法要を行います。最近は、省略することが多いです。

呼び方:みなのか

ご逝去から21日目までに三七日法要を行います。最近では省略することが多いです。

呼び方:よなぬか

ご逝去から28日目までに四七日法要を行います。最近では省略することが多いです。

呼び方:いつなのか

(忌明け法要)

本来は、ご逝去の日から35日目までに行う忌明け法要を五七日法要と呼び、ご逝去の日から49日までに忌明け法要する場合は七七日法要と呼びます。ただ五七日も49日までに含まれるので、35日前の法要でも五七日法要(さんじゅうごにちほうよう)ではなく、七七日法要(しじゅうくにちほうよう)と呼ぶことが多いです。

呼び方:むなのか

ご逝去の日から42日目までに六七日法要を行います。最近では、省略することが多いです。

呼び方:なななのか

(満中陰・忌明)(忌明け法要)

ご逝去の日から49日までの休日に家族、親族、(故人と特に親しかった友人・知人、地域によっては組の方または、隣近所も)法要をして、その後会食を行います。

100日目

1年目の祥月命日

2年目の

6年目の

12年目の

16年目の

22年目の

 

ご逝去から満32年目の祥月命日に行う法要です。

ご逝去から満49年目の祥月命日に行う法要です。

その手前の休日に遺族だけで行うことが多いです。

ご逝去から満99年目の祥月命日に行う法要です。

その手前の休日に遺族だけで行うことが多いです。

故人を知る人がいなくなったタイミングで弔い上げをもって、それ以降の法要は行わず、年忌法要は終わりにするケースが増えています。


小引・手土産 おすすめ商品一覧

※地域によっては、入れないところもあります。


※家族葬は、故人の意向でない限り、また、喪主が県外に出ていて故人の周りの方とお付き合いが出来ない場合など以外の方には、おすすめ出来ません。

・家族葬の方が費用が高くついたという方が多い。

・香典をもらえる人を減らすので、急場の金銭的負担が大きい。

・葬儀後、自宅で弔問に追われるので、出かける予定がつかない。

・親族に旨を伝えないと、トラブルになる。

・次世代の付き合いを切ることにつながる。