香典のお返し

通夜・告別式(葬儀)で香典をいただいた場合、お返しをするのがマナーです。

香典の金額 返礼品の金額 目安
3千円 1,500円前後
5千円 2,500円前後

※金額を確認できないケースが多いので2,000円前後で同じ金額のお返し品を用意する場合が多いです。

スタッフから一言

斎場でのお返しを5,000円のお返し分までにしますと当日の金銭的負担が少なくなります。


後香典返し

※10,000円の場合は、5,000円分はその場で済んでいますので残り5,000円の半返しがマナーです。

香典の金額 返礼品の金額 目安
1万円 2,500円前後
2万円 7,500円前後
3万円 12,500円前後
5万円 22,500円前後

初七日法要

最近では、告別式の後、そのまま初七日法要を行います。

一般的には2万円~包んできます ※5,000円分は香典返しで、10,000円分の半分が飲食代で、残り5,000円の半分が引出物となります。

香典の金額

(1人方)

返礼品+お食事

+初七日の引出物

2万円 2,500円+5,000円+2,500円
3万円 2,500円+5,000円+5,000円
5万円 2,500円+5,000円+15,000円前後

香典の金額

(2人方)

返礼品+お食事

+初七日の引出物+後香典返し

3万円 2,500円+5,000円×2人分+2,500円前後

5万円

 

2,500円+5,000円×2人分+2,500円前後

+10,000円前後

※組や自治会メンバーなどは3,000円、5,000円の場合も初七日の引出物を御礼として渡す場合があります。 


高額の香典返しは、いつ贈る?

宗教によって異なります。

・仏教の場合、49日(七七日忌)前後でも、49日法要の当日でも問題ありません。

表書き・水引は?

※仏事で香典をいただいた場合は、表書きが「志」、お返しする方の名字を記入します。

スタッフから一言

香典とは 線香・抹香(まっこう)や花の代わりに故人に供えるかわりに、現金を不祝儀袋に包んだものです。

本来、喪主(施主)が辞退するのは、相手に対して失礼になります。辞退する場合は、生前中に頼まれた または、お付き合いができない(県外などに引越してなど)旨をお伝えすることをおすすめします。


気をつけること

・できれば、挨拶状または、御香志はがきを添えて贈りたいものです。

・配送する場合は、商品に礼状を添える場合、宛名を入れないように気をつけましょう。

※宛名がある文章は新書にあたり、添えて贈る、また、

宛名がある礼状、手紙等は、日本郵便以外ではお送りできません。

香典返し、法要の引出物

※望月さんの家の方が亡くなって、

 中込さんが喪主をする場合

●かけ紙

・表書き … 志

・名前  … 名字 +家

・水引  … 黒白の結び切り


お悔みのお返し

※喪主以外の方がお金をいただいた場合

●かけ紙

・表書き … 志

・名前  … 名字

・水引  … 黒白の結び切り


仏事ごとでのお返しの、かけ紙の表書きは、『志』です。


※家族葬は、故人の意向でない限り、また、喪主が県外に出ていて故人の周りの方とお付き合いが出来ない場合など以外の方には、おすすめ出来ません。

・家族葬の方が費用が高くついたという方が多い。

・香典をもらえる人を減らすので、急場の金銭的負担が大きい。

・葬儀後、自宅で弔問に追われるので、出かける予定がつかない。

・親族に旨を伝えないと、トラブルになる。

・次世代の付き合いを切ることにつながる。


法事が重なってしまった場合

法事が重なってしまった場合

法事が重なるということは滅多にないため、実際に起こってしまった時の対応がわからないという方も少なくありません。

出席の返事をした後、急に別の葬儀の連絡が入ってしまった場合は、家族で分かれて参列しましょう。先方には参列者を伝えておき、欠席できない理由も伝えるのがマナーです。

服装面のマナー

服装面のマナー

葬儀にはお通夜と告別式があり、正装で参列しなければ失礼にあたります。正装とは、ブラックフォーマルな装いです。

男性は黒に近い色のスーツ・ネクタイが一般的で、女性も男性と同じく、黒に近いスーツ、ツーピースなどが一般的です。

気をつけなければいけないポイントは2箇所あります。まず、お通夜なのか告別式なのかです。お通夜の場合、喪服で参列すると失礼にあたりますのでご注意ください。次に、喪主もしくは親族であるかです。喪主もしくは親族である場合、告別式には喪服を着用するのが基本です。参列者の場合は、肌の露出が少ないブラックフォーマルな服装です。女性の場合、ストッキングやバレッタなども黒のものを使用するようにしましょう。

地域のしきたりが存在することを知る

山梨県を含む一部の地域では、出棺の時に家族や近い親族で棺を3回まわすという地域独特のしきたりがあります。棺を回す行為には2つの意味があるとされていて、1つは故人が現世で行った罪をなくすため、もう1つが故人の方向感覚を鈍らせ現世に戻って来られないようにするため、といったものです。

このような参列者にも関わるしきたりもありますので、地元以外の法事・お葬式に参列する際は、地域ごとのマナーやしきたりを確認しておくことをおすすめします。

お供え物について

お供え物についても地域の慣習や宗教によって、持参するべきかどうかが異なってきますので、参列する前に調べておくことをおすすめします。基本的には、法事に参列するからといってお供え物を必ず持参しなければいけないという決まりはありません。

ギフトプラザMLがある山梨県でも、地域や宗教によって異なる部分ですので、参列する前に親戚や組の方に確認しておきましょう。

トップページ > 山梨県の法事のマナー