トップページ  > 山梨県の法事のマナー

山梨県の法事のマナー


法事は、故人を供養するための行事です。あの世では、49日間は7日ごとに生前の罪状などを裁く審判があるといわれているため、遺族は7日ごとに供養します。法事に出席する際には、マナーやしきたりをしっかりと理解し、失礼のないように心がけることが大切です。

法事が重なってしまった場合

法事が重なってしまった場合

法事が重なるということは滅多にないため、実際に起こってしまった時の対応がわからないという方も少なくありません。

出席の返事をした後、急に別の葬儀の連絡が入ってしまった場合は、家族で分かれて参列しましょう。先方には参列者を伝えておき、欠席できない理由も伝えるのがマナーです。

服装面のマナー

服装面のマナー

葬儀にはお通夜と告別式があり、正装で参列しなければ失礼にあたります。正装とは、ブラックフォーマルな装いです。

男性は黒に近い色のスーツ・ネクタイが一般的で、女性も男性と同じく、黒に近いスーツ、ツーピースなどが一般的です。

気をつけなければいけないポイントは2箇所あります。まず、お通夜なのか告別式なのかです。お通夜の場合、喪服で参列すると失礼にあたりますのでご注意ください。次に、喪主もしくは親族であるかです。喪主もしくは親族である場合、告別式には喪服を着用するのが基本です。参列者の場合は、肌の露出が少ないブラックフォーマルな服装です。女性の場合、ストッキングやバレッタなども黒のものを使用するようにしましょう。

地域のしきたりが存在することを知る

山梨県を含む一部の地域では、出棺の時に家族や近い親族で棺を3回まわすという地域独特のしきたりがあります。棺を回す行為には2つの意味があるとされていて、1つは故人が現世で行った罪をなくすため、もう1つが故人の方向感覚を鈍らせ現世に戻って来られないようにするため、といったものです。

このような参列者にも関わるしきたりもありますので、地元以外の法事・お葬式に参列する際は、地域ごとのマナーやしきたりを確認しておくことをおすすめします。

お供え物について

お供え物についても地域の慣習や宗教によって、持参するべきかどうかが異なってきますので、参列する前に調べておくことをおすすめします。基本的には、法事に参列するからといってお供え物を必ず持参しなければいけないという決まりはありません。

ギフトプラザMLがある山梨県でも、地域や宗教によって異なる部分ですので、参列する前に親戚や組の方に確認しておきましょう。

山梨県内で法事の引出物お返しの品をお探しの方は、ギフトプラザMLをご利用ください。ギフトプラザMLでは展示商品3,000点以上ご用意しており、ほぼ全てがリーズナブルで手に入ります。在庫もご用意しておりますので、その場でお持ち帰りいただけます。サイトには法事料理・法要会席ができる御食事処の掲載も行っています。是非ご利用ください。

山梨県で法事の品を準備するなら

サイト名 ギフトプラザML
住所 〒400-0411
山梨県南アルプス市西南湖341-2 ギフトプラザML
電話番号 055-284-5260
URL http://ml1113.jimdo.com/

トップページ > 山梨県の法事のマナー