トップページに戻る > 用途一覧 > 山梨県の新盆について > 新盆のマナーについて


Q. 提灯は誰が購入するの?

A. 

故人の兄弟姉妹、故人の子どもです。 

最近では、提灯代として現金を包む方もいます。8月上旬に飾る方もいるので、7月中に贈ると良いでしょう。

Q. 提灯はどのようにお渡しするの?

A. 

かけ紙(のし紙)の表書き:御佛前

名前:名字・フルネーム・〇〇一同

※同梱の札に名前を記載し、提灯と一緒に飾っていただくと良いでしょう。

Q. お焼香に行く際の服装は?

A.

TPOを考えた普段着で大丈夫です。※法要兼ねて設ける場合は礼服となります。

Q. 御香典はいくら包むべき?

 関 係 香典の目安
 兄弟姉妹  1万円(提灯などは別)
 親 戚  5千円~1万円
 近所・組・友人  2,000~10,000円

※ 年齢や地域、親族の決まりなどによって異なります 事前に周囲の人に金額を聞くと良いでしょう

Q. お金を包む袋(不祝儀袋(のし袋))はどのように書けばよいの?

A.

表書き:御佛前・新盆見舞い

名 前:名字・フルネーム

基本はフルネームを記載してお贈りされた方が、いただいた方がわかりやすいです。

Q. お線香・お菓子を一緒に持って行く場合はどのようにしたらよいの?

A. 

表書き:御供物

名 前:名字・フルネーム

基本はフルネームを記載してお贈りされた方が、いただいた方がわかりやすいです。


前のページのコンテンツ


トップページに戻る > 用途一覧 > 山梨県の新盆について > 新盆のマナーについて